ボーカロイドは裏切らない

ボカロ曲の感想を書いてます
TOPスポンサー広告 ≫ 純和風はいかが?「うらら」TOPボカロ曲紹介 ≫ 純和風はいかが?「うらら」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

純和風はいかが?「うらら」




今回は比較的マイナーな曲をご紹介
ラムネPの「うらら」

ちなみに、私の中で「マイナー」と「メジャー」の境界線は1万再生を、突破しているか否か
もっとも、この曲もあと少しで「メジャー」の仲間入りだ



○珍しい純和風!○

ボカロ曲に和をテーマにしたものは多々ある
パっと挙げてみよう
いろは唄?結んで開いて?
そう、ボカロ曲の和風テイストは、その多くが「和風ロック」なのだ

そんな中、この曲はギターすら使わないッ
和を貫き通す姿勢が感じられる




○でもボカロとの「和」は?○

「和」とは何だろうか

それは、人によって、「畳」だったり「お寿司」だったり「書道」だったり…
想像するものは違うかもしれない

だが、本当の、本来の和とはどれでもない

和とは、他との共存、共生のことなのだ
現に、畳部屋は現代の様式の家づくりの中に1部屋、何の違和感もなしに存在し、
寿司は近代的な機械に乗せられ、くるくる回っている

和とは、他との調和という概念なのだ


これは何かの本の受け売りですが。


ボカロは「機械的」と表現される事がよくある
別にそれが悪い事だとは思わないが、柔らかい和風テイストと調和するのだろうか?

結論は、調和している

なぜ調和するのか分からないが、すっとオケに馴染んでいる
こればかりは、リンを使ってみないと分からない(ごめんなさい)


○曲調○

ゆっくり、まったり、平坦だ
眠くなる

だが、下手に緩急をつけるより、雰囲気作りに徹底している、と見ればよし









あ~駄目だ、マイナー曲はつい見る目が甘くなってしまう;;
★★★★★★☆☆☆☆




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。