ボーカロイドは裏切らない

ボカロ曲の感想を書いてます
TOPスポンサー広告 ≫ 初代ボカロの実力!「時忘人」TOPボカロ曲紹介 ≫ 初代ボカロの実力!「時忘人」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

初代ボカロの実力!「時忘人」



作曲は仕事してP
使用ボカロはKAITO

KAITOは民族調で馴染み深いが、今回もそれに当てはまる
「ありがちだ」と思うかもしれないが、この場合は逆に考えるべきだ
民族調こそ、KAITOに合っている
それが、長い間に洗練された、一つの結論ではないか


正直、KAITOは絶大なミク人気のついでのような存在なので、
再生数50万は、十分大ヒットだ
別に人気と曲の良さが比例するわけでもないが、この曲は実力でリスナーを勝ち取っているように思える


さて、曲の構成を見てみよう

まず、爽やかな前奏からスタートする
この時、ボイスパーカッションが入るが、これはMEIKOではなくKAITOの高音だそうだ
騙された
また、私にはこの前奏は、RPGの、草原のBGMを彷彿とさせた(FF12のような)
ゲーム音楽が好きな人は、ツボかもしれない

その後、少し哀愁が漂いながらも、男声ボカロの力強さのあるAメロがスタートする。
おそらく2パートで進行しているため、声に厚みがあり、非常に良い

サビに入ると、疾走感が出るッ
普段耳にする事が少ない、民族楽器の音色がとても心地いい


まとめると、この曲はKAITOの持つ声質を存分に引き出すことに成功している
最近の傾向として見られる、ボカロの声の弱さを早口で誤魔化す事を一切しない!
まじかっこいいです




次、歌詞。

もう引用だるいので、一言で言おう
ファンタジーです
J-popとかで流行りの「会いたいけど会えない」歌詞よりは良くないだろうか(この辺はベクトルが違うので個人の好みだが)

少し引用
>失クシテタ 探シテタ トテモ大切ナコトヲ…
ただ、カタカナは気になる
はっきり言って痛々しいです




★★★★★★★☆☆☆


反論・意見はコメントかtwitterまで!







スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。