ボーカロイドは裏切らない

ボカロ曲の感想を書いてます
TOP ≫ CATEGORY ≫ ボカロ曲紹介
CATEGORY ≫ ボカロ曲紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

長嘯を成さずして但だ口皐を成す!「タイガーランペイジ」



今回はタイガーランペイジ
私の中で1,2を争うほど大好きな曲だ
作詞作曲はささくれP


○ノリが良いのか悪いのか○

この曲を初めて聴いた時、素直に「ノリの良い曲だ」と感じる人は、少なくないと思う
曲名にある、虎の如き疾走感や、遊び心溢れる数々の効果音のためだろう

だが、本腰を入れて(?)リズムをとると、どうだろう
違和感に気付くはずだ

この作品は、意図的にリズムずらしが行われている
また、拍子が変わる場面も多い

例えば、イントロは4拍子なのに、Aメロで急に6拍子に変わり、サビで、また4拍子に変わる
じっくり聴いてみると、コロコロと楽しい曲だ


○原案の存在○

この曲には、原案、つまりモチーフとなった作品が存在する
山月記という、中島敦の短編である
現在、著作権切れとなり、このサイトで読む事が出来る
また、高校の教科書にも、一部載っているようだ

私も、山月記を読んでみた(この時ウェブ上で見れる事を知らなかったため購入した)のだが、先にタイガーランペイジを聴いてから読んだため、あまりの印象の違いに驚いた

山月記を要約するとこうだ



今は昔、中国での話
主人公の李徴は、能力が高く、自分の事は自分でやる、いわゆるエリートだった
彼は詩作の道を歩むことを決意し、仕事を辞めた
だが、詩作は容易には至らず、金に困った彼は、もういちど元の仕事へと戻る事となった
その時には、かつての同僚はより高い位に昇格しており、それが彼の自尊心を傷つけた

一年後、用事でとある宿に泊まった李徴は、遂に発狂した
そのまま野山を駆け巡り、二度と戻って来なかった

翌年、袁慘という者が、国の命を受け、旅の途中、宿に泊まった
そこでは、人喰い虎が出るという
それでも、何人もの兵を連れていることから、何の心配もせず道を歩いていると、一匹の虎が草むらから飛び出してきた
直後、身を翻し、「危ない所だった」とつぶやいた

袁慘は、聞き覚えのある声に耳を傾け、問う
「その声は、我が友、李徴子ではないか?」

虎は言答える
「如何にも自分は隴西の李徴である」




どこをどう見ても、タイガーランペイジにみられるような、近未来的な場面は存在しない
それどころか、話自体、人が虎になる、ただそれだけのものなのである

この話をここまで、広げ、かみ砕き、再構築したささくれPは本当に尊敬する


だが、原案がほとんど無関係なわけではない
それは、次項で解説する


○歌詞○


>偶 狂疾に 因  殊類と成り
>長嘯 を成さずして  但だ 口皐を成す

これはタイガーランペイジの歌詞の一節だ
これは、山月記の中で、主人公の李徴が書いた詩の、最初と最後の文だ

また、
>在るのは臆病な自尊心か?
>はたまた尊大な羞恥心か?

これもタイガーランペイジの一節だが、山月記の中では、この二つが主人公、李徴を虎にした原因であるとされている読めばわかるが、この2つは、山月記のひとつのテーマでもあるのだ

このように、山月記に関連したワードや、引用してきた部分が歌詞の中にたくさん含まれているのが、この曲の特徴の一つでもある
探してみるのも面白いかもしれない



★★★★★★★☆☆☆


スポンサーサイト

ミクノポップの真髄「無感覚的干渉性完全制御装置」




今回ご紹介するのは、「無感覚的干渉性完全制御装置」
読み方は、「むかんかくてきかんしょうせいかんぜんせいぎょそうち」だ(平仮名の方が読みづらいか)

作詞作曲は箸休


○ミクノポップって何?○

ミクノポップとは、テクノポップをもじった、その名の通り「ミクを使用したテクノポップ」の事だ
最近はミクに限らないのかな?あまり詳しくは無いが

じゃあテクノポップは?と聞かれれば、少し難しい
音楽ジャンルはなかなか定義が曖昧だ
とりあえず、ここでは電子音を用いた楽曲の総称としておく。


○曲調○

とても丁寧に作られた曲だな、という印象

イメージは近未来的なファンタジー?
ピクミンを彷彿とさせるような前奏から入り、
4ビートのドラムは、音圧が高められ、ズンズンと響く
ピコピコとしたシンセが、ボカロの機械音声とマッチして、未来感を演出しており、
サビはキラキラ、ボーカルの高音が貫き、その存在感を示している

構成はAメロ⇒Bメロ⇒サビと、ポップスの定番
音自体も、奇抜なものは少ない

ミクノポップのお手本のような作品ではないだろうか


○歌詞○

歌詞になにか、意味が込められているのなら、私はそれを読み取れていないわけだが…
正直言って歌詞の意味は分からない

ただ、個人的解釈として、テーマは精神の浄化かな?という考えがある
何が言いたいのか伝わっていないとおもうので、歌詞を引用しよう

>哀しげなこの街の中
>同じ過ちを繰り返していた
>君が見せた綺麗な笑顔
>確かに存在していた筈なのに
>
>
>今 涙 川になって せせらいでいる
>
>
>不完全さが支配しているなら
>否定する必要はないけれど
>無感覚的干渉性完全制御装置
>放て!


街・過ち・綺麗な笑顔・涙・不完全さ…
無感覚的干渉性完全制御装置。

この辺から各々のカタルシスを体験できた気がする






★★★★★★★☆☆☆

久々にハイセンス来たー!「ワンダラーズ」




作詞・作曲はATOLS(アトルス)←私はずっと"アトラス"と間違って読んでた
使用ボカロは、初音ミクだ




○驚愕 ドラム以外ミク○

動画説明中には、「ビートパーカッション以外ミクをシンセ化して鳴らしてる」とあるので、
調教どうこうではない点に注意だが、基本的にはこういうとらえ方で良いと思われる

正直これには驚かされた
「ボーカロイド」とある通り、これまでボーカルとしての役割を担う場面が多かったツールを、
シンセ化する、という新たな手法でその可能性を広げたのだ
見事なパラダイム転換である

ただ、そうして作られたオケに「ミクらしさ」が残っているか?というと、答えはNOだ
ハッキリ言って、これ別にミクじゃなくてよくね?である

だから、私はこの曲を、これからどんどん肉声に近づいてゆくボカロへのアンチテーゼとして受け取っておく




○曲○

曲自体を批評しようとおもうと、こういった曲は難しい
なにかを伝えようとして書かれたものではないからだ

その証拠として、歌詞は「溢れる世界で」のみである

評価材料、比較対象として、他のテクノ、ダンスミュージックを聴き漁ったのだが、特筆すべき点は出てこなかった
まぁ、気になるとすれば前奏の短さかと
40秒は短い
ミクにあっあっあっあっとか言わせて2分は欲しかった
焦らされるのが好きだ

あまり動画について言及するのは好きではないが、実にそれっぽいもので、良かった



この辺で終わろう
★★★★★★☆☆☆☆

マイナー曲を探すのは楽しいですね 「キラキラ感でチュ」



今回ご紹介するのは、列島改造Pの「キラキラ感でチュ」
タイトルからして可愛い曲だ


○再生数が少ない≠曲に問題がある○

この曲、および列島改造Pについて知っている人はどのくらいいるのだろう
列島改造Pは決して有名なPではない

だが、クオリティが低いとも思わない
私的に、クオリティと再生数は比例しないのだ

その一つの証拠としてこの曲を紹介しよう



○曲調○

かわいらしいポップスで、ダンスミュージックの要素が強い
ベースやバスドラムといった、低音の楽器が強く出ているのは私好みだ

また、途中、オケがリズムを刻むだけになり、静かになる場面がある
これは、単調な展開になりがちなダンスミュージックに、変化を与えていて面白い

ただし、サビと呼べる部分に、盛り上がりが欠ける
むしろ、サビの前のだんだん盛り上がっていくシーンの方が期待感を煽られた
そこから、失速した感じ




○調教○

調教は、はっきり言って良くは無い
テクノ調にするなら、もう少し鋭さが欲しかった(どうやるのか知らないけど)

でも、聴き取れない程では無く、歌詞なしでも通じる



○まとめ○

調教に難があるものの、至って良作なポップスである

世間に評価されにくいのは、仕方ないが、私的には是非とも聴いてほしい一曲だ






★★★★☆☆☆☆☆☆









純和風はいかが?「うらら」




今回は比較的マイナーな曲をご紹介
ラムネPの「うらら」

ちなみに、私の中で「マイナー」と「メジャー」の境界線は1万再生を、突破しているか否か
もっとも、この曲もあと少しで「メジャー」の仲間入りだ



○珍しい純和風!○

ボカロ曲に和をテーマにしたものは多々ある
パっと挙げてみよう
いろは唄?結んで開いて?
そう、ボカロ曲の和風テイストは、その多くが「和風ロック」なのだ

そんな中、この曲はギターすら使わないッ
和を貫き通す姿勢が感じられる




○でもボカロとの「和」は?○

「和」とは何だろうか

それは、人によって、「畳」だったり「お寿司」だったり「書道」だったり…
想像するものは違うかもしれない

だが、本当の、本来の和とはどれでもない

和とは、他との共存、共生のことなのだ
現に、畳部屋は現代の様式の家づくりの中に1部屋、何の違和感もなしに存在し、
寿司は近代的な機械に乗せられ、くるくる回っている

和とは、他との調和という概念なのだ


これは何かの本の受け売りですが。


ボカロは「機械的」と表現される事がよくある
別にそれが悪い事だとは思わないが、柔らかい和風テイストと調和するのだろうか?

結論は、調和している

なぜ調和するのか分からないが、すっとオケに馴染んでいる
こればかりは、リンを使ってみないと分からない(ごめんなさい)


○曲調○

ゆっくり、まったり、平坦だ
眠くなる

だが、下手に緩急をつけるより、雰囲気作りに徹底している、と見ればよし









あ~駄目だ、マイナー曲はつい見る目が甘くなってしまう;;
★★★★★★☆☆☆☆




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。